NPO、千葉市と協働で動物公園に都川ミニ水族館

園長より感謝状を受けるNPO法人の武部理事長

 7月15日、松ヶ丘GONETとNPO法人都川の環境を考える会、千葉市動物公園が協力して準備を重ねてきた都川ミニ水族館がついにオープンにこぎつけました。間際になって水槽に供給する水(水道水は残留塩素がありそのままでは使えない)の浄化が予定通り行かず、とん挫しかけましたが、そこはさすがの人脈の厚さ。なんと井戸を1日で掘ってしまいました!!

都川の生態系が一目でわかる!

 このミニ水族館は単なる都川の生物の展示を目的したものではありません。水が汚れ川を中心にした生態系が破壊される現状、既に絶滅してしまった種、それでも必死に生き残っている種。この生き物たちは、人間の生活に無関係と考えてはいけません。海の水が水蒸気となり、雲となり、雨となって山に降り注ぎ、川を通じて再び海に戻る自然の循環のなかで、川の植物や生物は循環の過程で水を浄化する貴重な役目を果たしています。その証拠に、川岸や川底をコンクリートで固めた人間にとって一見きれいに見える都会の川は、ほとんど自浄作用が効かず、水は汚れたまま海に流れ込みます。結果として、海が汚れ、海の生き物たちも死んでゆきます。川の生き物たちは、それぞれ人間に役立つ役目を持って循環を支えてきたのです。これを、人間は自分たちの都合(土手が崩れる、氾濫しやすい、維持に手間がかかる・・・)だけで、好き勝手に改造してきたのです。その結果、川は自分できれいになる自浄作用を失ってしまいました。

特大水槽の前で解説するNPO法人の武部理事長

 このミニ水族館を通して、川の大切さ、人間の傲慢で身勝手な振る舞いが招いた結果を知ってほしいのです。

子どもたちの未来に繋ぐ環境のために・・・

admin の紹介

千葉市中央区の松ケ丘地区でポツポツ、チマチマと(^^)動き回っています。「ゴミ」は深いですね~。人生そのもかもしれませんね~( ^^) _旦~~ 五十嵐
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です