市原GONET
 


     
 
またまたビッグ、ビッグ、ビッグニュース!表彰付いているGONETでぇ〜すぅ!
2007/10/21

誉有る『地域GONETとしてのお手本のようなこと』が起きました事を、ここにご報告致します。

私たちの仲間の市原GONETの活動が、地元町内会から認められ、推薦され、10月20日(土)に、市原市の「平成19年度清掃事業功労者」として表彰されること
になりました。

市原GONETの今野さん、おめでとうございます!!!

解説:
今野さんが居住されていらっしゃる地域での地道な「神崎川をきれいにする会」の活動を、地元川上台町会の町会長さんが評価をして下さり、ご推薦してくださったことで、市原市町会長連合会辰巳台地区会長同席のもと、市原市長から表彰されることになりました。
表彰内容−市原市では毎年10月に、清掃事業の振興発展に貢献し、その功績が顕著である方や団体を表彰しており、今年度は日頃の地域清掃・環境美化活動の功績を称
え、貴団体を表彰させていただくこととなりました。

別に私たちの活動は、何がしかの見返りを求めている活動では無いと思っております。
でもこのように、人知れず行動・活動していることを、きっと誰かが見ていてくれる、見守っていてくれる、いえ、共に在る仲間が居る…ということが、私たちGONETの活動を支えてくれていると思っております。

この内容に関しては、実は先月の「運営会」にて、事前予告としてのお話が、市原GONET今野さんから有りました。
本日10日、正式に決定の「公文書」が今野さんのところへ到着したことを以って、今野さんからご報告を頂きました。

ここに、市原GONET今野さんからのコメントを付記致します。

森 事務局さんへ
運営会で報告させて頂いた件、本日正式に通知が届きました。
町会長さんも顔を出してくれました。
みなさんありがとうございます。
今まで通りこつこつと…

市原GONET・神崎川をきれいにする会 今野 正子

以上、ご報告を終わります。

ばんざぁ〜い!ばんざぁ〜い!ばんざぁ〜い!

(文責 事務局 森)

 
     


     
 
もっと楽しくなれる、もっと元気になれる
2007/01/29

 いちはらのエコ仲間が手をつなげば、もっと楽しくなれる、もっと元気になれるそんな思いで、11月25日(土)に市原市姉崎で「いちはらエコ市民会議」懇親流会が開かれました。各団体などから17名の参加があり、失敗の交換をしたり、活動を伝えあったり和気あいあいの雰囲気でした。
「コスモスの種はいつまくの」「どんな花を咲かせているの」「今ちゃんホタルを飛ばせよ」「飛ばせって言ったって」「やっぱり水だよね」などお酒を酌み交わしながら、ワイワイ。若い方も参加され華やかでした。
 10月15日(日)には、市原市 川・美・会のイベント、市原市市民活動センターのオープンの場をお借りし、市民会議の立ち上げを会としてPRしました。
 市原市内のエコ仲間が手をつなぎ、ネットワークを組んで情報や知恵を共有、互いに交流しをより深い絆によって支えあっていけるネットワークづくりの一歩にしたいと思っています。
 小さいことでいいから共有する。聞いてもらう場として「いちはら市民会議」があってほしいし、そうなるよう頑張りたいです。来春も仲間が集まる計画をしています。 
※コスモスは市原市の市花です。

 
     


     
 
神崎川をきれいにする会      今野 正子
2006/10/29

 長高齢化社会を迎えて、看・介護にかかわっている方々は、年々目まぐるしく変化する介護保険の内容に対応して、日夜努力をされていると思います。
 高齢者の方の人生の一部分を安全で快適な施設で過ごしてもらいたいとの思いです。食事、入浴、排泄が大きなテーマですが、その中で看・介護の負担感を大きくさせる悩みとして、排泄臭や老人臭などのニオイの問題があります。施設を選ぶ基準として消臭対策がされているか考えられる方もいると思います。悪臭は生活環境を悪くし、こころと身体の状態を低下させてしまいます。不快感からくるイライラ、その状態が続くと呼吸のリズムが乱れ呼吸器の緊張から咳が出たり、ニオイを感じなくしようと感覚を変えるなどの状態となり、感覚がマヒしたりといった影響があります。
 その大なり小なりの悩みを解決するための工夫が採用され、悪臭対策としてスタートしました。小さな試みですが、継続され定着し、長い間働いてきた高齢者に心地良い空間を提供できたらと思っています。

 
     


     
 
エコメッセに参加して   今野 正子
2006/9/3

 先月 9月3日(日)エコメッセ2006inちばが幕張メッセで開催されました。
GONETブースでは、活動紹介のパネル展示のほか、エコひも君、リサイクルはし袋、タブー君Tシャツ、環境に配慮した石けんの販売を行い、それらを通して来てくださった人達との交流もできて嬉しく思います。
 この環境まつりには、千葉県の野菜販売、温暖化防止の具体的取り組み紹介、水俣病の写真展示もあり、多くの人で賑わっていました。
 エコメッセは過去には野外で行ったこともありますが、室内は落ち着いて多くの人とコミュニケーションが取れて良いですね。残念だったのは、エコステージでの音量が高く、お互いの声が聞き取りにくい場面がありました。ちょっと工夫が必要ですね。
 そして嬉しかったのは、千葉市エコ体験スクールに参加してくれた小学生が「こんにちは!」と目の前に現れたこと、仲間に会えたような嬉しさでした。「あの日は暑かったね」「今日はどんぐりの工作楽しかったよ」とお互いにおしゃべりし、ニコニコと帰って行きました。こんな出会いを増やしていけたらと思います。エコマインド生 佐久間さん、GONETの皆さんご苦労様でした。伊原さん、駆けつけてくれてありがとう。

 
     


 
前ページTOPページ次ページHOMEページ
 

- Topics Board -
- Designed by ma-me.net -

COOLPLATE Ver.1.0